トルコリラの積立fxを開始。高いスワップポイントで利益を狙う

積立fx
nattanan23 / Pixabay

相場に一喜一憂せず、お金が増えたらいいですよね。

そんな状態を夢みて、積立fxを開始します。

そもそもfxって?

fxは、「外国為替証拠金取引」と言われています。

簡単に言えば、為替の上下を利用して通貨を売ったり買ったりしながら利益を得る取引です。

fxの特徴は、

  • リアルタイムでほぼ24時間売買できる
  • 外貨預金とは違って売買に手数料がかからない
  • レバレッジといって手持ち資金を担保(証拠金)に何倍もの金額を取引できる

などです。

大きな利益が出る一方、大きな損失も出やすく、ハイリスク・ハイリターンな取引として有名ですね。

私は2009年ごろからfxをやり始めました。儲けも出やすい一方で、莫大な損失も出やすいと肌感覚でわかりました。

何度か失敗した経験も……。

この数年の経験から、なんとか失敗せずに運用できないものかと模索。

それで今回挑むのが「積立fx」です。

リスクを抑えた投資が可能

積立fxをするにあたって選んだfx業者は「SBI FXトレード」です。

SBI FXトレードは、SBIホールディングスの運営するFXサービス。SBIホールディングスは、言わずと知れたネット証券最大手・SBI証券などを運営する金融グループです。信頼性はピカイチですね。

わたしが普段メインで利用している証券会社もSBI証券です。

私がSBI FXトレードを選んだ理由は主に3つ。

1通貨から取引できる

1通貨とは、1ドル、1ユーロ、など通貨1枚分のことです。

fx業者の基本取引は10000通貨、または1000通貨が最小単位です。そのため、取引をするには、初めからそれなりの資金が必要になります。

ですがSBI FXトレードは、1通貨(1ドル、1ユーロ)から取引可能。少ない元手で取引ができます。

スワップポイントが高い

スワップポイントとは、取引通貨間の金利差のことです。

fxでは、ある通貨を売って、より高い金利の通貨を買うと、その通貨を持った期間分のスワップ(金利差調整分)を受け取ることができます。

fxをやる人は、為替差益で稼ぐか、スワップを稼ぐか(もしくは両方)を目的としています。スワップポイントはfx業者によって差があるので、よりスワップの高い業者を選んだほうが、投資する側にとっては有利です。

SBI FXトレードは業界内でもスワップが高水準です。

自動で積立ができる

私がもっとも魅力を感じたのがこの点。fx取引で定期的に自動で購入(積立)することができるんです。

通貨の種類、購入頻度、金額を一度設定すれば、あとはほったらかしでOK。面倒くさがりな人、手間をかけたくない人にはピッタリです。

 

このほか、三井住友銀行に信託保全されているのもメリットのひとつ。万が一、SBI FXトレードが破綻した場合でも、資金はちゃんと返還されます。

積立FXの仕組みは?

SBI FXトレードでは、積立(購入)ペースを毎月、毎週、毎日から選択します。

積立額も、円ベースで設定可能。1カ月の積立金額を決め、積立ペースを「毎日」と設定すれば、自動的に1日あたりの購入金額を計算して購入してくれます。

また、積立fxではドルコスト平均法を採用し、購入単価は毎月平均化。

さらに、途中で臨時購入もOK。もし途中で相場が下がったりしたときに、そこで一気に購入したりすることも可能です。

積立ができる通貨は、米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル、人民元、南アランド、カナダドル、香港ドル、トルコリラ。

積立fxは長期投資を目的としているので、大きな目的はスワップポイントをもらうことにあります。なので、高金利通貨であるトルコリラや南アランドが選べるのは魅力の一つですね。

また、fx業者にはスワップのみ出金可能な業者とそうでない業者があります。SBI FXトレードは可能。

もらったスワップをさらなる投資資金にあてることもでき、お金を効率的にまわすことができます。

トルコリラの積み立て開始

積立fxを、私は以下の設定で始めることにしました。

  • 購入通貨:トルコリラ
  • 購入頻度:毎日
  • 購入金額:毎月2万円分
  • レバレッジ:2倍(トルコリラは1倍か2倍のみ)

トルコリラを選んだのは、第1にスワップポイントが高いから。

第2に、トルコリラは史上最低水準まで落ち込んでいること。ここからさらに下がる可能性はもちろんあります。が、下げ幅よりも上げ幅のほうが大きく、利益の出る可能性が高いのではないかと踏みました。

ただ金利が高い通貨というのは、一般的にはリスクの高い通貨です。トルコは政情不安を言われ続けていて、万一の事態への覚悟は必要です。

とりあえず、毎日の積立に加えて、下がった時には追加で購入し、ポジションを増やしていくつもりです。

fxで大失敗した過去から

私は、実は投資歴=fx歴というくらい初期からfxに手を出しました。

そして取引にどっぷり浸かり、初年度は大儲けしたのですが、翌年は瀕死の痛手を負いました。

その傷が深すぎて、徐々にfxから距離を置くように……。

マイナスのポジションを損切りする勇気がなく、いまだに含み損を抱えたまま。チャートは眺めますが、取引はほとんどしていない状態です。かろうじて毎日スワップポイントがプラスで付いています。

裁量トレードは難しい。だけどスワップポイントがもらえるのは美味しい

こういうことから、積立fxを始めるに至りました。

吉とでるか凶とでるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました