【積立FX】トルコリラが大暴落!一部損切りを実行しました

積立fx
nattanan23 / Pixabay

2018年8月上旬、トルコリラが大暴落しました。

SNS上では続々とロスカット報告

先週の金曜日、トルコリラはあっさりと20円を割りました。

結局、その週は17円ちょっとで終了しましたが、一時は15円台に突入するという暴れっぷり。

これにより、ツイッターで続々とロスカット報告がなされました。

1000万単位で損失を出していらっしゃる方も珍しくなくて、ホントに恐ろしいです……ブルブル((((;゚Д゚)))))))

私はといえば、もともとポジション数もまださほど多くないし、レバレッジも低い。

ロスカットレートは約8円です。

まだロスカットまでは余裕がある。

ですが、含み損は拡大。証拠金維持率も低下し、100%を割り込んでいます。

一部、損切りを実行

週明け、トルコリラは15円台からスタートしました。

関連ニュースもネガティヴなものばかりで、トルコリラが上昇する気配はなさそうです。

ということで、一部損切りを実行しました。

これまで貯まったスワップ分を吹っ飛ばしたかたちです。

損失を補填するためにしたこと

あまりにもトルコリラが下落一方だったので、途中、裁量でショート(売り)を入れました。

その後、それを下がったところで買い、上がったところで売り、を繰り返し。金曜日は値動きが激しかったですが、動きが分かりやすいところだけエントリーしました。

少しは取り戻しました。焼け石に水かな……。

でもやっぱり裁量トレードは寿命が縮む思いです。

あまり積極的にやりたいものではありません。

私が暴落を恐れていない理由

今後トルコリラがどうなるのか、まったくわかりません。

下げ止まるという意見もあれば、15円割れ、はたまたひと桁までいく、という意見も。

トルコリラが下がれば、積立fxの含み損がどんどん拡大してしまいます。

でもじつは、あまり含み損を悲観していません。その理由は以下。

  • 裁量fxの含み損が減る可能性大
  • ループイフダンfxが稼働している

私は裁量トレードで含み損を抱えています。円高になれば、これがどんどん解消されていくかたちになります。円高になる場合は全面高になりやすいので、それで含み損が解消されていけばラッキー。

ループイフダンは、為替が動けば動くほど売買されます。順調にコツコツ利益を積み上げています。

ということで、どのfxも細かいところでは調整が必要なものの、大きく見ると、為替が上がっても下がっても、どちらでも功を奏す仕組みとなっています。

ただ、トルコのデフォルトだけはやめてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました