ループイフダンfx、2019年5月の利益は27,337円でした

ループイフダン
kschneider2991 / Pixabay

2018年1月から、fxのループイフダンを稼働しています。

2019年5月の設定

5月に稼働させていた設定は以下のとおりです。

  • 米ドル/円 B100(10000通貨)、S10(1000通貨)
  • 英ポンド/円 B50(1000通貨)
  • 豪ドル/NZドル B20、B40、S20、S40(すべて1000通貨)

2019年5月の利益

5月の損益は、こうなりました。

決済利益が31,196円、スワップ利益が-3,859円、合計で27,337

現在の口座状況は、以下のようになっています。(元手は3,000,000円)

口座資産3,472,000円
含み損-417,653円
証拠金維持率822%
レバレッジ3.05倍

5月後半は一気に円高が進んだので、含み損も増え、維持率もちょっと下がり気味です。

利益の内訳

米ドル/円

  • 利益:13,183円

米ドル/円は、B100(10000通貨)とS10(1000通貨)を稼働。

この2つの設定について、運用ルールは、

  1. 円安が進んだ場合、B100が1つ決済されるたびにその間のB10×10つは損切りする(→トータルではプラスに)
  2. 円高が進んだ場合は、そのまま放置(→B100の含み損は出るがスワップを貯めながら、S10の決済益を得る)

としています。参考にしたのは『FXくるくるワイド投資術』です。

米国と中国の貿易摩擦が続いている関係で、円高が進行中。6月もこの問題を引きずっていきそうです。

上下しながらではなく、一直線で円高に進んできているので、含み損がどんどん増えていきます。

しばらくは様子見で続けますが、この傾向が続くようなら対応が必要かも。

英ポンド/円

利益:7,690円

英ポンド/円はB50を稼働。

一般的にfxにおいて英ポンド/円は、想定レンジの幅が広いこと、上下の動く幅が大きいこと、それゆえ多くの必要証拠金が必要となることから、ループイフダンでおススメされる通貨に挙げられることは少ないです。

ですが私は、他のシステムと一緒に動かす(証拠金を共有する)ことでロスカットのリスクを減らして、上下に動く幅が大きい要素を利用したいと考えています。

5月24日にEU離脱の議会の混乱を受けてメイ首相が辞任。米中貿易摩擦もあいまって、英ポンドも弱いですね。円高が進んでいます。

引き続き様子見。

豪ドル/NZドル

・利益:6,454円

この通過ペアについて、私の運用ルールは次のとおりです。

5月は1.05000〜1.06000前後の動きだったので、売りと買いを稼働。こちらは安定しています。

これまでの累計損益

これまでのループイフダンの累計損益と実現損益です。

実現利益が一気に縮小。。。

2019年5月の設定

6月は、5月と同じ設定でスタート。

このまま全面高が一直線に進むようなら、米ドル/円か英ポンド/円のBを一旦停止するかどうか、というところです。

アイネットFX

コメント

タイトルとURLをコピーしました