自動的にお金が増えていく!? fxの自動売買ループイフダンを始めました

ループイフダン
kschneider2991 / Pixabay

新しく、fxの自動売買ループイフダンを始めます。

fxのループイフダンとは?

fx(外国為替証拠金取引)とは、為替の上下を利用して外国通貨を売買して、利益を得ていく取引です。

そのなかで、多くのfx業者が一定のルールに従って自動的に取引を繰り返す自動売買システムを提供しています。

そのシステムのうち、アイネット証券が提供している自動売買システムのことを「ループイフダン」といいます。

為替で一定の値幅が動くと、設定した法則に従って自動で売買されます。

設定さえしてしまえば、基本的には放っておいてOK。あとは自動的にコツコツと利益を積み重ねられるのを待つのみ、というわけです。

ループイフダンを選んだ理由①

私は2009年ごろからfxをやっていて、自分で為替を見ながら、売ったり買ったりしてきました。

その経験から言えば、「自己裁量のfxで勝ち続ける(利益を出し続ける)のは難しい」

為替の動きは予想することができません。

私のような専門家でもなんでもない一般人には、特にそうです。

上がると思って買えば下がるし、下がると思って売れば上がる。そして、損失を出せばそれ以上に取り返したくなるし、儲けを出せばさらに儲けを出したくなる。そうやってどんどん売買数を増やしてしまって、あるときに予想だにしない為替の変動が起こって、一気に大損失を被るーー。

決まってこういうパターンに陥ります。

私情・感情を挟んだfxの取引はうまくいきません。少なくとも私の場合は。

そこでたどり着いたのが、私情・感情を挟まないようにする方法=自動売買です。

ループイフダンを選んだ理由②

ループイフダンは、アイネット証券が提供している自動売買システムです。

自動売買システムはたくさんあって、多くのfx業者が提供しています。トラリピ、リピトレ、トライオート……。

私がアイネット証券のループイフダンを選んだ理由は、

  • 設定が簡単、仕組みがシンプル
  • 手数料が無料

他の自動売買システムは、設定を自分で考えたり、ひとつひとつ手動で設定しなければいけなかったり、売りと買いが組み合わさっていたりと、複雑(煩雑)です。

シンプルで分かりやすい、仕組みがスッと理解できる、設定もしやすい、管理もしやすい、素人の自分向き。

そう感じたのが、ループイフダンです。

またアイネット証券のループイフダンでは、基本的にスプレッド以外の手数料がかかりません。この手数料の安さもいいなと感じた点です。

fxで要注意なロスカットと追証

こうみるといいことづくめのように見えますが、もちろんループイフダンにもリスクはあります。

ループイフダンは、為替が行ったり来たりを繰り返してこそ売買が繰り返され、利益が出る仕組みです。

なので、為替が一方方向に動くだけだと、利益は出ません。

それどころか場合によっては、どんどん含み損が膨らみ、ロスカット(強制決済)の危険性が高まります。

ロスカットとは、業者の定める証拠金維持率を下回れば強制決済されてしまうこと。これを喰らうと、資金が一気に失われてしまいます。

さらにfxでは、追証(おいしょう、追加証拠金)が発生することもあります。

たとえば、レートが激しく動いた場合にロスカットが正しく機能しない可能性がある。そうなれば最悪、口座の証拠金がマイナスになったりして借金につながることも……。

ループイフダンに限らずですが、fxでなによりも重要なのが資金管理です。

ループイフダンの設定

では実際にループイフダンを始めるにあたって、どんな通貨でどのように運用していったらいいのか。

通貨はレンジで動くもの

自動売買は、一定の値幅を動くと売り買いがされる仕組みです。そのため、一定の値幅を行ったり来たりする通貨を選ぶ必要があります。

よく推奨されるのは、流通量の多い米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円。

長期的な動きを見てみると、大きくですが一定の値幅で動いています。

なかでも、スワップが高く流通量の多い米ドル/円、先進国通貨で証拠金が比較的少なくて済む豪ドル/円は人気通貨ベアです。

買い(B)と売り(S)

ループイフダンには「買い」先行(B)と「売り」先行(S)があります。

  • 「買い」先行であれば、まずは買って、設定した値幅分あがると売られて、利益確定。
  • 「売り」先行であれば、まずは売って、設定した値幅分さがると買われて、利益確定。

上手な人、慣れている人は、そのときの相場にあわせて売りと買いを組み合わせて、効率的に利益を得る、という技もとりうるのでしょう。

が、私はどちらかといえば「買い」先行優先。

というのは、買いポジションは持ち続ければスワップポイントが付く通貨が多いから。反対に、売りポジションを持ち続けると、マイナスのスワップポイントが付く通貨が多い。

日々マイナスのスワップポイントがつくのは、わりと精神的にストレスです。このあたりは人によって好みが別れるでしょうね……。

売買の値幅

ループイフダンでは、売買の値幅を自分で選択します。

たとえば米ドルであれば、10、15、25、50、100(pips)から選択できます。「米ドル/円のB10」であれば、「米ドルを10銭ごとに購入、10銭上がったら売却」。

値幅が小さいほうがコツコツと決済を繰り返せます。その代わり、多くの資金が必要です。

値幅が大きいほうが利益を得る効率は良く、資金は少なくて済みます。が、なかなか決済されないので、じれったくはあります。

どちらも一長一短。

通貨や資金量、運用者の性格などとの相談になりますね。

(証拠金は十二分に)

何度も書きますが、fxの自動売買において、注意すべきはロスカット(さらに追証)です。

為替は、いつなんどき、何が起こるかわかりません。ある日とつぜん、急騰または急落することは、これまでに何度もありました。

そのため、万一の事態にも対応できるよう資金管理はしっかりしなければいけません。

要は、必要最低限の金額よりもじゅうぶん余裕をもって入金しておく(または準備しておく)ということです。

小さい設定からスタートしよう!

ループイフダンが実際にどのように稼働し、決済されていくのか、頭の中だけではイマイチわかりません。

また、ループイフダンは仕組み上、最初はどうしてもマイナス(含み損)からのスタート。

慣れないうちは、まずはデモトレードでやってみる、または少ない額からスタートして感覚をつかんでいくのがいいですね。

私もまずは1システムからスタート。

感覚がつかめてくれば、システムや資金量を追加していく予定です。

結果は、このブログで随時お知らせしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました