JT(日本たばこ産業)の配当利回りが6%超!追加購入しました

日本株
MabelAmber / Pixabay

JT(日本たばこ産業)の株価が下がり続けています。

そこで追加購入しました。

JTの配当利回りが6%台へ

利回りが5%に突入してから、JTを買い始めています。

その後も、ダラダラと下がり続け……。

2019年GW明けに、ついに配当利回り6%台に突入。

そこで追加購入に踏み切りました。

これで私がもっているJT株は計1000に。利回りは約5.5%です。

いちおう1000株を目標にしていたので、いったんは打ち止め。

JT株を購入する理由

配当が高い

まずは高配当というところが魅力です。現在は6%台。

6月末に配当の権利確定が近づいていますしね。

株主優待がある

JTは配当だけでなく、株主優待もあります。

6月末と12月末が基準日の年2回、自社商品がもらえます。

  • 100株以上:1000円相当
  • 200株以降:2000円相当
  • 1000株以上:3000円相当
  • 2000株以上:6000円相当

なお、株主優待は201912月から年1となり、もらえる相当額は若干アップ。

ただし、1年以降継続保有が条件です。

配当金の基準日は引き続き年2回のままですね。

倒産のリスクが低い

JT株は、その総数の3分の1を政府が保有しています。これは法律で規定されている最低保有数で、法律が改正されない限り、この保有数を下回ることはありません。

政府が多く保有しているということは、それだけ倒産のリスクは低いということ。

直近の決算も悪くなかったので、配当金も下がりにくい状況にあります。

(資金に余裕がある)

購入後を考えたときに、また預金に余裕がありそうなので、ここで購入に踏み切っても大丈夫と判断しました。

長期保有を前提に

購入を検討している日本株はいくつかあります。

なのですが、日本市場全体が今後なかなか上がりにくいのではないか。そう考えると、リスクの低いJTを購入しておくのが無難か、と。

株価2500円以下が続くようならば、さらなる購入も考えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました